HOME > きんならニコニコ保育園は企業主導型保育園です   前に戻る 前に戻る
企業主導型保育園って?
「企業主導型保育事業」とは、内閣府許可の保育園で、施設基準・運営基準等に適合した施設が認可されます。
多様な働き方に対応した保育サービス拡大を企業が主導して提供することで待機児童解消を図り、
仕事と子育てとの両立を支援しようと平成28年度からスタートした制度です。
奈良市に設置の届出をしています。
「企業主導型保育園」とは、位置づけとしては認可外保育施設であるものの、
企業で働く従業員の子どもや、認可保育園に預けることが出来ないご家庭の子供たちが、
認可保育施設なみの保育を受けられる施設です
土日祝日の勤務や残業にも対応した利用しやすい保育時間や、働き方に応じた多様な保育サービスを提供できるなど、
柔軟な運営が出来るのが特徴です。
「きんならニコニコ保育園」では従業員さまが安心して
長く働き続けられるように、提携企業を募集しています。

「出産・育児に伴う離職を減らしたい」「育休からの復職が難しい」「女性職員の新規雇用に力を入れたい」など
“子ども”と”働き方”の悩みを解決するために、法人契約をご検討ください。
企業主導型保育事業の仕組み

企業が法人契約を結べば、提携企業のお子さまは従業員枠として契約が可能に! 人材の確保につながります。
※保護者のいずれもが就労条件等を満たすことが必要です。

企業主導型保育園のしくみ